CUT 2016年1月号

CUT 2016年1月号

雑誌コード:02473-01

発 売 日:2015/12/19

定 価: 特別価格 750円 + 税

購入する

CUT1月号の表紙は二宮和也! 特集「俳優・二宮和也、15年の肖像」と題し、スペシャルインタビューを敢行。「自由」でありながら俳優としての「責任」を意識的に全うしてきた15年の歩みに迫ります! その他、2016年に大きな活躍を期待するフレッシュな3組の対談をお届けする「BOYS TALK 2016」、ついに公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を楽しみつくす総力特集、超特急、マキシマム ザ ホルモンなどなど。必読の記事が満載のCUT1月号は12月19日(土)発売です!



二宮和也
特集「俳優・二宮和也、15年の肖像」と題し、俳優としての活動が活発になった2000年頃から現在に至るまでの軌跡を辿るスペシャルインタビューを敢行。「自由」でありながら俳優としての「責任」を意識的に全うしてきた15年の歩みに今こそ迫る!!

BOYS TALK 2016
「男同士だからこそ話せることがある」をテーマにお届けする人気対談企画「BOYS TALK」。
今回はCUTが2016年に大きな活躍を期待するフレッシュな3組が登場!

伊野尾慧×有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
人気急上昇中のHey! Say! JUMPから伊野尾慧と有岡大貴のふたりが登場!
グループの中でもデビュー前から長い時間を共にしてきたふたり。ただの友達とは違う、濃密な距離感で育まれた特別な関係とは?

古川雄輝×間宮祥太朗
映画『ライチ☆光クラブ』でゼラとジャイボを演じた古川雄輝と間宮祥太朗。
異なる性格とキャリアを持ちながら、それぞれに異彩と色気を放つふたり。彼らが惹かれあうところとは?

吉沢亮×中川大志
2016年、期待の若手俳優ふたりが登場!
仕事のことも恋愛のことも気兼ねなく話せる関係のふたりの距離を縮めたものとは?

総力特集『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
J・J・エイブラムス(監督)/ハリソン・フォード
ついに公開された全世界待望の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』大特集!! J・J・エイブラムス監督、そしてハン・ソロ役のハリソン・フォードのインタビュー。さらに『スター・ウォーズ』シリーズの過去・現在・未来を徹底検証!

超特急
昨年、東京国際フォーラムで行ったクリスマスライブを収めたブルーレイをリリースした超特急。今年はさらにスケールアップし、代々木第一体育館でライブを行う。この1年間、目標の地を見据え頑張ってきたメンバーたちの生の声を聞く!

マキシマム ザ ホルモン
前代未聞のDISC5枚組、常識破りの映像作品『Deka Vs Deka~デカ対デカ~』をリリースしたマキシマム ザ ホルモン。異常なまでにディテールにこだわり「狂気の視聴システム」まで導入して、大ボリュームの作品をプロデュースしたマキシマムザ亮君の真意に迫る!

傷物語
神谷浩史/岩上敦宏(プロデューサー)
1月に三部作となる劇場版の第一弾『傷物語 I 鉄血篇』が公開!!
2009年の『化物語』からシリーズを通して主人公・阿良々木暦を肉体化してきた神谷浩史にとって『〈物語〉シリーズ』とは何なのかを問うロング・インタビューを敢行。そして岩上敦宏プロデューサーには、『〈物語〉シリーズ』ロングヒットの背景について訊く!

終物語
水橋かおり/板村智幸(監督)/瀧川ありさ
『〈物語〉シリーズ』に新たな風を吹き込んだTVアニメ『終物語』。
『終物語』全体のキーパーソンとなる忍野扇を演じた水橋かおり、そして監督の板村智幸、EDテーマ曲を歌った瀧川ありさにインタビュー。
絶対に「マンネリ」に陥らない『〈物語〉シリーズ』の面白さを改めて検証する

May’n
前作に続き、菅野よう子が作曲を手掛けるニューシングル『夜明けのロゴス』をリリースしたMay’n。
デビュー10周年という記念すべき年に経験した療養、ベスト盤の発売、武道館。歌う意味を改めて知った今のMay’nだから作れた「リスタート」の楽曲とは

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』
スティーブ・マーティノ(監督)/クレイグ・シュルツ(製作・脚本)
世界中で愛されるスヌーピーが初めて3DCGアニメーション映画になった!
監督のスティーブ・マーティノと原作者のチャールズ・M・シュルツの息子であり、本作の製作・脚本を手がけたクレイグ・シュルツは、いかにスヌーピーに命を吹き込んだのか?

MOVIE OF THE MONTH 1『ブリッジ・オブ・スパイ』
スティーヴン・スピルバーグ(監督)/トム・ハンクス
アメリカとソ連が一触即発の状態にあった1950-60年代に、両国のスパイ交換という困難な取引の橋渡し役となった弁護士を描くスパイ・スリラーである本作。この作品にかける思い、そして長年の付き合いであるお互いのことについて、スピルバーグ監督と主演のトム・ハンクス双方に語ってもらった

MOVIE OF THE MONTH 2『殺されたミンジュ』
キム・ギドク(監督)
20年にわたり自身の映画を通して人間と社会の本質的な矛盾について問い続けてきたキム・ギドク監督。
その集大成とも言える傑作で、彼は何を見つめ、伝えたかったのか?

『クリード チャンプを継ぐ男』
シルべスター・スタローン/マイケル・B・ジョーダン
スタローンの代名詞とも言える『ロッキー』シリーズの誰も予想しなかった新章が完成! ロッキー役のシルべスター・スタローンと、本作の主演を務めたマイケル・B・ジョーダンが、この奇跡的な続編について語る

『白鯨との闘い』
クリス・ヘムズワース/ロン・ハワード(監督)
名作小説『白鯨』のモデルともなった海難事故を映画化した本作。CGを駆使した壮大なアクションと極限状態の人間ドラマが見事融合されたこの作品について主演のクリス・ヘムズワースとロン・ハワード監督に聞いた

その他の記事/テキスト
HEADLINE 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』/MOVIE 『シーズンズ 2万年の地球旅行』ジャック・クルーゾ(監督)/DISC 『天の茶助』SABU(監督)×オラキオ(弾丸ジャッキー)

連載
今月のバズマン。~BUZZ OF THE MONTH~ 第5回:森川葵/INVITATION 『ブラック・スキャンダル』/CUT VIEW/三池崇史のゲバチュー PART2(現場の中心で、愛を叫ぶ PART2)/FILM REVIEW/映画コラム『小さなスクリーンの中で生きていたい』山田ルキ子/RANDOM CUTS/BACK NUMBER/「今月の裏表紙」 第92回:段田安則/編集部通信