ROCKIN'ON JAPAN 2011年4月号

ROCKIN'ON JAPAN 2011年4月号

雑誌コード:09797-04

発 売 日:2011/02/28

定 価: 特別価格 638円 + 税

購入する

RADWIMPS、衝撃のニューアルバム『絶体絶命』を暴く!
野田洋次郎単独インタヴュー+メンバー全員全曲解説!
チャットモンチー、9mm中村×ベボベ関根、
椿屋四重奏 解散インタヴュー、THE BAWDIES、
さらにLUNA SEAの別冊付録も!


●RADWIMPS
『アルトコロニーの定理』以来約2年ぶり、遂に待望のニューアルバム『絶体絶命』が誕生! 生と死を見つめた『DADA』、『狭心症』という2枚のシングルをリリースしたRADWIMPS。なぜ彼らは新たな傑作で、この世界の醜さと美しさを鮮烈に暴き出そうとするのか!? そして描き出される「命」の意味とは? 野田洋次郎の単独インタヴュー+メンバー全員全曲解説の2本立てて、驚異の新作に徹底的に迫る!

●LUNA SEA 別冊付録!
別冊付録でLUNA SEAを大特集! メンバー5人の最新インタヴュー+撮り下ろし写真、さらに過去のお蔵出し写真も掲載する豪華32ページ! 昨年世界中を揺るがした「REBOOT」ツアー、東京ドーム3デイズ公演、そしてインディー時代のセルフカヴァーアルバム『LUNA SEA』 リリースまで、現在進行形のLUNA SEAとは一体何なのか?を徹底検証。LUNA SEAの現在・過去・未来を一冊に詰め込んだスペシャル・ブック!

●チャットモンチー
とことん自由なニューアルバム『YOU MORE』完成! なぜこの新作は、バンドが再び生まれたかのように瑞々しく楽しいのか? 新たなモードへ突入した3人がその思いを語る!

●RIP SLYME
RIP SLYMEが完全リニューアル!? フレッシュなニューアルバム『STAR』完成! いかにしてRIP SLYMEは自らの音楽にかつてない輝きを吹き込んだのか? 5人が語る!

●サカナクション
ニューシングル『ルーキー』リリース! 一躍シーンのトップへと躍り出たサカナクション。葛藤を抱え、全身全霊で音楽を紡ぎだしていく、山口一郎がその胸中を明かす!

●THE BAWDIES
なんとAIとのコラボレーション・シングル『LOVE YOU NEED YOU feat. AI』をリリース! ロック&ソウルに乗せて音楽愛をあふれさせるこの新曲の誕生秘話とは? 

●中村和彦(9mm Parabellum Bullet)×関根史織(Base Ball Bear)
9mm Parabellum Bulletと、Base Ball Bearの末っ子ベーシストが激突! 中村和彦と関根史織が、互いのこと、ベーシストのこと、さらにバンドでの立ち位置などを包み隠さず語り合う!

●椿屋四重奏
さようなら、椿屋四重奏。危険に、美しく、ロックシーンを染め上げたバンドは、なぜ解散という道を選んだのか? 椿屋四重奏について、ロックについて、その曇りなき真意を、中田裕二が語る!

●世界の終わり
大好評のメンバー個別連載インタヴュー! 今回は、「なかじん」こと中島真一が登場! 屋台骨としてバンドを支える中島が語る半生、そしてセカオワの異形な「ポップ」の核とは?

●FACT
デビュー以来ロック・シーンを震撼させ続けるエクストリーム・バンド=FACTがミニアルバムをドロップ! インタヴューで、未だベールに包まれたバンドの根幹を暴く!

●Superfly
Superflyの快進撃は止まらない! 両A面シングル『Beep!! / Sunshine Sunshine』をリリースするSuperfly=越智志帆の独占インタヴューを奪取!

●中村一義
ベストアルバム『最高宝』、そしてコンプリートBOX SET『魂の箱』をリリース! これまでの活動を総括し、新たな一歩を踏み出そうとする中村一義は、今何を思うのか?

●POLYSICS
3人体制になってから初のフルアルバム、『Oh! No! It’s Heavy Polysick!!!』をドロップ! 日本中を「ポリ病」にせんと目論むこの快作は、いかにして誕生したのか?

●TOSHI-LOW×上原ひろみ
ジャンルを超えた2大「究極パフォーマー」対談が実現! TOSHI-LOW(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)とジャズピアニスト・上原ひろみが語り合う!

●東京スカパラダイスオーケストラ
スカパラが手がける、3D映画『ワンピース』『トリコ』の主題曲をリリース! 新たな広がりを持った新曲は如何に生まれたのか? そしてスカパラが語る「ヒーロー」とは?

●佐野元春
セルフカヴァーアルバム『月と専制君主』は、アナログな音をコンテンポラリーに鳴らす傑作! 時代に挑む表現者=佐野元春が、30周年に刻む新たな一歩とは?

●スガ シカオ
2度目のロンドン公演を経て生み出されたニューシングル『約束』。ますます進化と前進が加速するスガ シカオが、ネクスト・ステージに向けての熱い思いを語る!

●ライムスター
いち「生活者」として、日常をヒップホップに変える最新作『POP LIFE』をシーンに投下するライムスター! 前人未到のヒップホップの表現へと挑戦する3人が新作を語る!

●the band apart
5枚目となるニューアルバム『Scent of August』が完成! サウンドの自由度もタフネスもかつてなく強力に進化した本作について、荒井と木暮に訊く!

●MONOBRIGHT
両A面シングル『COME TOGETHER/DANCING BABE』でさらに加速! 歌って踊れるハッピーな新曲でMONOBRIGHTが目指す先とは? 桃野&ヒダカに訊く!

●サンボマスター
ニューシングル『希望の道』は、日本中に向けられた感動のバラード! 新たなステージに立った彼らの言う、「新しいロック」そして「新しいサンボマスター」とは!?

●モーモールルギャバン
メジャー第一弾アルバム『BeVeci Calopueno』をリリース! 超絶テク&変態性&甘酸っぱいメロディの化学反応でシーンに突風を吹き込んだ驚異の3人組、その新境地とは?

●lecca
闘う歌姫lecca、バラード曲を収録するミニアルバム『箱舟 ~ballads in me~』が完成! 突き刺さるほど真っ直ぐに自分の心を歌う彼女の表現の源を説く!

●sleepy.ab
ニューアルバム『Mother Goose』を完成させたsleepy.ab! 美しくファンタジックな音像をより肉体的に進化させたバンドサウンドは、いかにして生み出されたのか?

●ザ・ビートモーターズ
渾身の1stフルアルバム『The First Cut is The Sweetest』をリリース! デビュー時から大器の予感を孕ませてきたバンドは、今作でいよいよシーンの中心で爆発するのか?


お詫びと訂正
本誌2011年4月号に、以下の通り、誤りがありました。
P360 DISC&DVD.REVIEWの記事の中で、『RE:SUPERCAR 1~redesigned by nakamura koji~』の作品クレジットのアーティスト名を「スーパーカー」と表記すべきところを「中村弘二」と誤って表記してしまいました。
また、当該レビューの内容も、中村弘二のソロ作品としての記述になっており、それも誤りでした。

メンバー、関係者、および読者の皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。

ROCKIN'ON JAPAN編集部へのお問い合わせ

ROCKIN'ON JAPAN編集部へのご意見、ご感想などのお問い合わせは、下記を明記の上、rjm@rock-net.co.jpまでお寄せください。


・メールアドレス
・ご住所
・ご年齢
・ご職業

ROCKIN'ON JAPAN原稿募集のお知らせ

あなたの力作がロッキング・オンを作るのです。
内容に制限はありません。どしどしお寄せください。
文字量は、2500~4000文字でお願いします。
採用となった場合には、原稿料(30,000円)を掲載号の翌月にお振込みいたします。
また、原稿の返却・返信は致しません。
原稿の採用はスタッフの推薦により、編集長が決定します。あて先はrjr@rock-net.co.jpです。下記の必要事項をご明記ください。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業

※匿名希望、ペンネームの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
<掲載可>と住所の後ろへ追記してください。
※メールアドレスも掲載可能です。

文字化け防止のため、本文を直接送付するのではなく、Wordファイルやテキストファイルにして、メールに添付してご送信ください。