CUT 2011年5月号

CUT 2011年5月号

雑誌コード:02473-05

発 売 日:2011/04/19

定 価:657円 + 税

購入する

最強のコミック・キャラクター ベスト50
スコット・ピルグリムからキック・アスまで新世代ヒーローも!『GANTZ』完結編は二宮和也&奥浩哉、松山ケンイチ×佐藤信介監督のW対談で徹底追撃!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作のプレミア試写会プレゼントもお見逃しなく!
CUT5月号は、4月19日発売です!


☆特集:コミック・ヒーロー、それは闘いだ!
スーパーマン、スパイダーマンからジョーカー、鉄腕アトムまで――。アメリカのDCやマーベルを筆頭に、コミック・ヒーローたちはいつだってエンターテインメントの中心にいた。CUTでは、そんなヒーローたちの魅力を徹底検証。歴代コミック・キャラクターのトップ50をはじめ、新世代ヒーローも一気に網羅した、アメコミファン、映画好きともにマストでチェックすべき総力特集!

★『GANTZ PERFECT ANSWER』
二宮和也×奥浩哉(原作)/松山ケンイチ×佐藤信介(監督)
不条理な闘いが生み出す緊張感を描き、日本のSFアクションに革新をもたらしたコミック、『GANTZ』。劇場版の完結編となる『GANTZ PERFECT ANSWER』公開を目前に控え、二宮和也×原作者の奥浩哉、松山ケンイチ×佐藤信介監督によるW対談で、『GANTZ』の魅力を解き明かす!

★『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』
エドガー・ライト/マイケル・セラ/ブライアン・リー・オマリーイギリスの俊英、エドガー・ライト監督最新作『スコット・ピルグリム』がようやく日本上陸! 来日した監督&主演のマイケル・セラを直撃、さらに原作者へのインタビューも交えて”スコピル”の真髄に迫る。

●『エンジェル ウォーズ』
『300』『ウォッチメン』に続き、またしてもザック・スナイダーの妄想と驚愕の映像世界が炸裂した最新作『エンジェル ウォーズ』。現地LAで監督&キャストの最新インタビューを奪取!

●瑛太×松田龍平×大森立嗣
映画『まほろ駅前多田便利軒』でW主演を果たした瑛太&松田龍平。主人公の多田&行天の空気感を魅力的に体現した彼らに加え、監督の大森立嗣も参加した鼎談インタビューをお届けする。

●MOVIE OF THE MONTH
『ブラック・スワン』
ナタリー・ポートマン/ダーレン・アロノフスキー
ナタリー・ポートマンが入魂の演技を披露し、アカデミー主演女優賞を獲得した異色のサイコ・スリラー、『ブラック・スワン』。新世代のハリウッドを担うダーレン・アロノフスキー監督&ナタリーへのインタビューで、怪作の全貌を暴く!

●『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』
いよいよ5月に公開が迫った『パイレーツ』最新作の日本最速ジャパン・プレミアにご招待! 詳しくはCUT5月号の誌面をご覧ください。

●『キッズ・オールライト』
●『ミスター・ノーバディ』
●『ブルーバレンタイン』
●サム・クラフリン
●廣木隆一
●新海誠
●ROCK'A'TRENCH

●EXTRA CUTS
宮﨑あおいの日々のあわ
タナダユキ「パンとみそ汁」
岡田将生「ジグソーパズルの日々」
浅野いにお「おざなり君」
タムくんの人生相談「きみのこと、ぼくのこと」
「今月の裏表紙」第36回:田口トモロヲ
WHAT’S UP CHIEF? ~編集長通信~

●今月の読者招待試写会
ダニー・ボイル監督最新作『127時間』
是枝裕和監督最新作『奇跡』


お詫びと訂正:
現在発売中のCUT5月号の99ページで紹介した「新海誠」の記事に誤りがありました。本文冒頭6行目、『ほしのむこう』ではなく、正しくは、『ほしのこえ』となります。ご本人、および関係者、ならびに読者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げ、ここで訂正させていただきます。