ROCKIN'ON JAPAN 2012年7月号

ROCKIN'ON JAPAN 2012年7月号

雑誌コード:09797-07

発 売 日:2012/05/30

定 価: 特別価格 619円 + 税

購入する

BUMP OF CHICKEN
歓喜のアリーナツアーに完全密着、「新しいバンプ」に迫る!
the HIATUS
細美武士が語る、バンドの新たなヴィジョンとは!?
Mr.Children
メジャーデビューから20年、祝祭的一夜となった大阪公演を観た!
阿部真央 20000字インタヴュー、JAPAN JAM 2012
米津玄師、エレファントカシマシ、ONE OK ROCK
ストレイテナー、TK from 凛として時雨、SEKAI NO OWARI



BUMP OF CHICKEN
約4年ぶりのアリーナツアー「GOLD GLIDER TOUR」を徹底的に解剖する表紙巻頭特集!! 5月6日新潟公演の独占密着取材でお届けするバンプの新境地! メンバーの貴重な表情を捉えたバックステージ・ショットと白熱のライヴ写真も多数掲載!

the HIATUS
細美武士がthe HIATUSの「変革の季節」を語る。 安息を求めず更なる飛躍を誓う、その強靭な意志をひもとく

Mr.Children
5月10日、ミスチルのメジャーデビュー20年目となる記念すべき一夜に行なわれた、「MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012」大阪公演を徹底レポート! 日本のポップシーンに君臨し続ける「巨人」が巻き起こした歓喜の嵐

ONE OK ROCK
先月の表紙巻頭に続き、ONE OK ROCKが2号連続で登場! ワールドツアー「ONE OK ROCK 2012 “Start Walking The World Tour”」が決定、そして新曲リリースに向け動き出したワンオクは止まらない!! 更なる上昇気流を捉えんとする、バンドの「今」が溢れる全員インタヴュー

米津玄師
2012年の音楽界を飲み込む途轍もない新星=米津玄師! シーンに衝撃を与えたファーストアルバム『diorama』はどこから生まれたのかに迫る初のロングインタヴューを敢行。新たな時代を拓く才能の根源を探る!

エレファントカシマシ
2号連続! エレカシが生み出した大傑作『MASTERPIECE』をめぐるスペシャル・インタヴュー。
表現者として理想的な飛躍を遂げ、新たな扉を開けた宮本浩次が、今月も大いに語る!!

TK from 凛として時雨
自身の心象を緻密かつ攻撃的なサウンドに編み込んだ1stソロアルバム
『flowering』! アルバム収録曲を再現したスタジオライヴに潜入成功!! 濃厚ライヴレポートとアルバム合評の2本立てでひもとく、TK の思考回路

ストレイテナー
新曲2曲と、今までに彼らが産み落とした楽曲のアコースティック・バージョンを収録したアルバム『SOFT』が完成! ストレイテナーの本質が浮かび上がる作品を前にメンバー4人に訊く

SEKAI NO OWARI
ツアー『ENTERTAINMENT』、Zepp Diver City公演の密着レポートを掲載! 濃厚ライヴレポート+終演後インタヴューの2本立てで、更なるポップさとタフさを獲得したセカオワの現在地点を暴く

THE BACK HORN
9枚目となるニューアルバム『リヴスコール』完成! なぜTHE BACK HORNは、今作で生きることへの飢餓感を美しい音楽として放出できたのか? その理由を訊く

阿部真央
阿部真央、半生を語る。20000字インタヴューで明らかになった彼女の生い立ち、家庭環境、恋愛、そして音楽に対する想い――慈愛に満ちたライフヒストリー

JAPAN JAM 2012
奇跡のジャムセッションで彩られたロックの祝祭――JAPAN JAM 2012をレポート! 唯一無二のパフォーマンスが続いた計3日間・12ステージの興奮を、全セットリストと共にお届け

PES from RIP SLYME
PES、ソロデビュー! 真性ポップネスを詰め込んだシングル“女神のKISS”から浮かび上がるPESの本質とリップについて

ドレスコーズ
誰も知らない大型新人、シングル『Trash』を引っさげ遂に始動! 志磨遼平を含めた4人勢揃いで本誌初登場!! バンドの未来を照射する全員インタヴュー

後藤まりこ
ソロ第一声インタヴューの奪取に成功!! そしてニューアルバムを語る!
ミドリの世界観から解き放たれた彼女がみせる、剥き出しの自分とは?

サンボマスター
サンボ、全身全霊で叫ぶ。直球勝負でロックへの愛を叫ぶニューアルバム『ロックンロール イズ ノットデッド』を引っさげ、サンボは何処へ向かうのか? 3人に宿る新たな意思が詰まったロングインタヴュー!!

amazarashi
新作はその名も『ラブソング』!
未だ謎に包まれたamazarashiに接触成功、その表現の本質を暴く

killing Boy
木下理樹×日向秀和を中心に生み出す「美しき破壊」。killing Boyが2ndアルバム『Destroying Beauty』をドロップ! 木下理樹が語る

locofrank
キャリアを総括するベスト盤『locofrank 1998-2011』をリリースしたlocofrankを直撃。ブレずに走り抜けた14年――今こそ彼らのDIYスピリットを抉る!

Plastic Tree
有村竜太朗が自身の恋愛観を告白!?
ニューシングル『くちづけ』、そしてラブソングのふるさとを語ったインタヴュー!

Hello Sleepwalkers
夢と現実の間を行き来する謎多きニューカマー・Hello Sleepwalkers、ニューシングル『円盤飛来』をリリース! 新曲から透けて見える、あまりにもピュアでシンプルな、その音楽観とは?

きのこ帝国
デビューアルバム『渦になる』をリリースしたきのこ帝国、初のロングインタヴュー。深遠なギター・ノイズと内なる叫びが交錯するサウンドはいかにして生まれたのか。孤独な魂が「バンド」に到達するまでの物語

●お詫びと訂正
5月30日発売のロッキング・オンJAPAN7月号に誤植がありました。
P132の阿部真央のインタヴュー記事で「丑年」とありますが、正しくは「午年」です。

ご本人並びに関係者の皆様、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びすると共に、ここに訂正させていただきます。


ROCKIN'ON JAPAN編集部へのお問い合わせ

ROCKIN'ON JAPAN編集部へのご意見、ご感想などのお問い合わせは、下記を明記の上、rjm@rock-net.co.jpまでお寄せください。


・メールアドレス
・ご住所
・ご年齢
・ご職業

ROCKIN'ON JAPAN原稿募集のお知らせ

あなたの力作がロッキング・オンを作るのです。
内容に制限はありません。どしどしお寄せください。
文字量は、2500~4000文字でお願いします。
採用となった場合には、原稿料(30,000円)を掲載号の翌月にお振込みいたします。
また、原稿の返却・返信は致しません。
原稿の採用はスタッフの推薦により、編集長が決定します。あて先はrjr@rock-net.co.jpです。下記の必要事項をご明記ください。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業

※匿名希望、ペンネームの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
<掲載可>と住所の後ろへ追記してください。
※メールアドレスも掲載可能です。

文字化け防止のため、本文を直接送付するのではなく、Wordファイルやテキストファイルにして、メールに添付してご送信ください。

●ROCKIN'ON JAPAN「噛ませ犬ミネタの社会の窓」相談者募集!
銀杏BOYZ・峯田和伸が読者のお悩みに応える長寿連載、「噛ませ犬ミネタの社会の窓」では、相談者を募集しています。下記の必要事項をご明記の上、あて先:rjr@rock-net.co.jpまでメールをお送りください。
尚、平日、都内某所に自力で来られる方に限ります。
また、採用者には、本誌特製のロックンロールTシャツをプレゼントします。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業
・相談内容

※ペンネームでの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
※不採用のご連絡はいたしません。