ROCKIN'ON JAPAN 2012年10月号

ROCKIN'ON JAPAN 2012年10月号

雑誌コード:09797-10

発 売 日:2012/08/30

定 価:571円 + 税

購入する

くるり
4人になったくるり、最高傑作完成!
ASIAN KUNG-FU GENERATION
アジカン、2号連続! 新作『ランドマーク』を全員で語り尽くす
the HIATUS
脅威の映像作品が到着! 細美武士を直撃
SEKAI NO OWARI
ニューアルバムを引っ提げてのツアーに最速密着!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
3日間のハイライトを詰め込んだ特大フォトレポート
BUMP新曲、9mm Parabellum Bullet、Dragon Ash、10-FEET、DIR EN GREY、ACIDMAN、BUCK-TICK、etc.
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012



くるり
4人になったくるり、最高傑作完成! 吉田省念(G・Cello・Vo)、ファンファン(Trumpet・Key・Vo)という2人が昨年正式に加入したくるり。震災以降の日本に向き合いながら、音楽を鳴らす純真を取り戻した大傑作アルバムは一体どのようにして誕生したのか? くるりの今とこれからに迫る、メンバー全員インタヴュー

SEKAI NO OWARI
全国をまわるホールツアー「HALL TOUR 2012 ENTERTAINMENT」に最速で密着。セカオワが提示する『ENTERTAINMENT』の最新形とは!? 濃厚ライヴレポート&バックステージ潜入の2本立てでとことんせまる

ASIAN KUNG-FU GENERATION
2号連続! 先行シングル『それでは、また明日』を巡るインタヴューに続き、今度はニューアルバム『ランドマーク』に迫るロングインタヴューを敢行。震災以降の日本と、アジカンとしてロックを鳴らすことの意味に向き合い、辿り着いた新たなアジカンサウンドの真実とは? 4人全員で語り尽くす

the HIATUS
最新アルバム『A World Of Pandemonium』収録曲を、壮大で多元的なサウンドスケープに進化させるべくおこなわれたスタジオセッションの模様を収録したDVD『The Afterglow - A World Of Pandemonium -』が完成。野心的なトライアルが詰まった映像作品について、細美武士が語る

BUMP OF CHICKEN
待望のニューシングル『firefly』! カップリング“ほんとのほんと”も含めて、最速で聴いた!!

9mm Parabellum Bullet
あの『MTV Unplugged』に9mm Parabellum Bulletが登場。たった150人の観客の前で、アコースティックセットによる貴重なパフォーマンスがおこなわれたこの日のライヴを収めたDVD+CDのリリースを機に4人に取材! 9mmの楽曲の奥行きが証明された一夜に迫る

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
3日間のハイライトを詰め込んだ徹底特集! 夏の大祝祭=ROCK IN JAPAN FESTIVALの歓喜と興奮を、ここでしか観ることのできない貴重な写真の数々とともにお届け

Dragon Ash
デビュー15周年を祝す企画ベスト盤『LOUD & PEACE』と新曲『Walk with Dreams』をリリース。より強く、より優しく、そしてより確固たる思いを胸に――あまりにも悲しい出来事が襲ったバンドが再び前に向って進んでいく。Kjと桜井誠が現在の心境を語る

DIR EN GREY
ついに活動再開! ニューシングル『輪郭』のリリースと、ツアー「TOUR2012 IN SITU」のスタートを突如アナウンスしたDIR EN GREY。Toshiya とShinyaに訊いた最速インタヴュー

10-FEET
3年の歳月をかけて辿り着いた、10-FEET最強のニューアルバム『thread』を聴け! なぜ彼らは死角なしのマスターピースを作ることができたのか。その理由を3人に訊いた追撃ロングインタヴュー

ZAZEN BOYS
ZAZEN BOYSが4年ぶり5枚目のニューアルバム『すとーりーず』で、シーンに襲い掛かる。絶頂のギターリフ、緊迫のグルーヴ、奇天烈でスリリングなセッション、そして新作を包み込むかつて無いポップな世界観。この怪物アルバムの正体は何なのか? 向井秀徳に訊く

ACIDMAN
ACIDMAN、世界のメカニズムを暴く新曲をリリース。約2年ぶりのシングル『アルケミスト』のリリースを直前に控えた大木伸夫を直撃。メジャーデビューから10年をむかえたバンドのキャリアと、新曲に託した思いを大いに語る

BUCK-TICK
バンド結成25年目をむかえ新たに覚醒! 孤高に追求してきたBUCK-TICK流ポップが、アルバム『夢見る宇宙』で更なるステージへ。メンバー全員が、25年のキャリアと新作について静かに激白

Superfly
Superfly解放! ニューアルバム『Force』完成。孤独に闘い続けてきた彼女が抱く「葛藤」、そしてそこからブレイクスルーを果たし獲得した「自由」。そんなニューアルバムに辿り着くまでの歩みをSuperflyが告白

OGRE YOU ASSHOLE
約1年ぶりのニューアルバム『100年後』で世界を煙に巻く。たゆたうヴォーカルと、サイケで歪でポップなバンドアンサンブルが誘う新たな世界。変わり続けるOGRE流ストレンジ・サウンドの最新形に迫る

BRAHMAN
BRAHMANがニューシングル『露命』に宿した確固たる意志。音楽、生活、人生、震災、そして日本――TOSHI-LOWがバンドと自身が歩んできた、激動の軌跡を語る

POLYSICS
POLYSICS、絶好調! ポリのロックサイドとポップサイドを見事に編み込んだニューシングル『Lucky Star』誕生。3人編成で作り上げた新曲から浮かび上がるバンドの新境地

BIGMAMA
ニューシングル『風船夫婦の俯瞰show』のリリースにより訪れた、BIGMAMA変革の季節。金井政人が語る、バンドの内部改革の真相

中田裕二
ソロとして更なる飛躍をみせる2ndアルバム『MY LITTLE IMPERIAL』、いよいよ! そして全国ツアーも決定!! 今作で彼が掴み取った確信と、ひとりの表現者として得た新たな魅力

The SALOVERS
メジャーデビューアルバム『珍文完聞 -Chin Bung Kan Bung-』を引っ提げ、The SALOVERSいよいよ浮上! 生々しく「今、この場所」に照準をあわせた、熱く燃え上がるロックンロール――フロントマン、古舘佑太郎が目指す景色とは



ROCKIN'ON JAPAN編集部へのお問い合わせ

ROCKIN'ON JAPAN編集部へのご意見、ご感想などのお問い合わせは、下記を明記の上、rjm@rock-net.co.jpまでお寄せください。


・メールアドレス
・ご住所
・ご年齢
・ご職業

ROCKIN'ON JAPAN原稿募集のお知らせ

あなたの力作がロッキング・オンを作るのです。
内容に制限はありません。どしどしお寄せください。
文字量は、2500~4000文字でお願いします。
採用となった場合には、原稿料(30,000円)を掲載号の翌月にお振込みいたします。
また、原稿の返却・返信は致しません。
原稿の採用はスタッフの推薦により、編集長が決定します。あて先はrjr@rock-net.co.jpです。下記の必要事項をご明記ください。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業

※匿名希望、ペンネームの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
<掲載可>と住所の後ろへ追記してください。
※メールアドレスも掲載可能です。

文字化け防止のため、本文を直接送付するのではなく、Wordファイルやテキストファイルにして、メールに添付してご送信ください。

●ROCKIN'ON JAPAN「噛ませ犬ミネタの社会の窓」相談者募集!
銀杏BOYZ・峯田和伸が読者のお悩みに応える長寿連載、「噛ませ犬ミネタの社会の窓」では、相談者を募集しています。下記の必要事項をご明記の上、あて先:rjr@rock-net.co.jpまでメールをお送りください。
尚、平日、都内某所に自力で来られる方に限ります。
また、採用者には、本誌特製のロックンロールTシャツをプレゼントします。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業
・相談内容

※ペンネームでの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
※不採用のご連絡はいたしません。