ROCKIN'ON JAPAN 2013年1月号

ROCKIN'ON JAPAN 2013年1月号

雑誌コード:09797-01

発 売 日:2012/11/30

定 価: 特別価格 638円 + 税

購入する

YUI
活動休止の真相を語る
別冊付録:JAPAN特製2013年カレンダー
12組のアーティストが1冊に!
ASIAN KUNG-FU GENERATION
『ランドマーク』ツアーに独占で潜入
the HIATUS
衝撃のホールツアー、初日を観た
9mm Parabellum Bullet×THE BAWDIES
鉄壁の両者による、対バン学祭ツアーに密着
LUNA SEA
最新最強の両A面シングル誕生! 撮り下ろし写真&全員個別インタヴュー

エレファントカシマシ、木村カエラ、ドレスコーズ、ACIDMAN、flumpool、NICO Touches the Walls、androp、etc.



YUI
YUI、活動休止の真相を語る。YUIは何を思い、今回の決断にたどり着いたのか? 彼女のこれからはどうなるのか? 全24Pに亙る決定版2万字インタヴュー

別冊付録:JAPAN特製2013年カレンダー
JAPAN初! 12組のアーティストが月替わりで登場するスペシャルカレンダーを封入!!
ASIAN KUNG-FU GENERATION/エレファントカシマシ/奥田民生×星野 源
サカナクション/[Champagne]/スピッツ/チャットモンチー/the HIATUS
THE BAWDIES/MAN WITH A MISSION/吉井和哉/9mm Parabellum Bullet (50音順)

ASIAN KUNG-FU GENERATION
本誌独占! 最新アルバム『ランドマーク』を引っさげてのツアー中盤戦、大阪公演に潜入成功。ライヴレポート&終演後におこなわれたメンバー全員インタヴューの2本立てで暴く、アジカンの新しいライヴ・フォーマット

the HIATUS
バンド初のホールツアー、初日を観た! 16人編成になったthe HIATUSが見せた音楽の魔法、そしてバンドという奇跡。日本のロック史を塗り替える衝撃のパフォーマンスに、速報ライヴレポ&写真でせまる

木村カエラ
「本当の自分でいたい。結局そこに戻った」――カエラ史上最高に斬新なポップミュージックが詰まった7thアルバム『Sync』、完成! なぜ彼女は、素顔の自分に立ち返ったのか? 久々のロングインタヴューで大いに語る

9mm Parabellum Bullet×THE BAWDIES
鉄壁の2バンドが対バン学園祭ツアーを敢行! そのツアー最終日の公演に潜入。楽屋裏から、両者がしのぎを削る白熱のパフォーマンス、終了後の打ち上げの模様までを記した密着テキストと、終演直後の4×4全員インタヴューの2本立て

LUNA SEA
両A面シングル『The End of the Dream/Rouge』をリリースし、その後、12年ぶりの新たなツアーをスタートさせたLUNA SEA。過去最高にアグレッシブな、最新最強のLUNA SEAが誕生した理由とは!? 彼らの今を照射するメンバー個別インタヴューと、5人が勢揃いの貴重なフォトセッションで徹底的に迫る

エレファントカシマシ
ユニバーサルミュージック移籍後のシングル曲を、もれなく詰め込んだ無敵のベストアルバム『THE BEST 2007-2012 俺たちの明日』! 発売を直前に控え、宮本浩次が語るロングインタヴューを掲載。ベスト盤に詰まった「第3の黄金期」の真実と、男・エレカシ「40代の歩み」

flumpool
この2年間の「経験」がそのままバンドのパワーとなった、ノンコンセプトアルバム『experience』。
「flumpoolがこの4人でなければいけない理由」が埋め込まれた作品について、メンバー全員で語る

androp
「やっぱり僕はひとりじゃない」――壮大なサウンドスケープの中で始まりと終わりを歌い、世界と自分自身を剥き出しにする超大作『one and zero』がついに完成。ニューアルバムを経て、内澤崇仁(Vo・G)の内面に新たに芽生えた希望の光

溝渕 文
破格の歌い手・溝渕 文の才能が覚醒する。セカンドアルバム『ボトルメール』、いよいよ完成間近! 彼女の歌とメロディの力にせまる、ロングインタヴュー・第一弾

ドレスコーズ
ここから、本物のロックバンドの物語がはじまる。志磨遼平(Vo)率いるドレスコーズ、デビューアルバム『the dresscodes』リリース! 志磨と丸山康太(G)が、聴く者すべてをロックに変える、未完にして完全無欠のロックンロールアルバムが生まれるまでを語る

ケツメイシ
ラップとメロディ、そして最先端のクラブミュージックのエッセンスが練りこまれた大転換作『KETSUNOPOLIS 8』が日本のポップミュージックに鳴らす警告とは。RYOJIが「突然変異作」の真相を語る

ACIDMAN
ACIDMAN、ついに自らをまっすぐに鳴らす。バンドの10年の歩みをソリッドで勢いのあるサウンドに凝縮した新曲“新世界”! 3.11以降の世界の変革に挑む、大木伸夫の大いなる意思

NICO Touches the Walls
ニューシングルが生まれた場所は、光村龍哉の夢の中!? NICO史上、最も自由なツアー中に誕生した、最も自由なシングル『夢1号』にせまるロングインタヴュー。4人のモードが反映された新作について、光村が語る

The Beatmoss
RIP SLYME・ILMARIがヴォーカルをつとめる新バンド、The Beatmossの全貌がいよいよ明らかに。ロックもヒップホップもファンクも飲み込んで、独自の雑食サウンドとして吐き出すバンドのメカニズムを徹底解剖

HY
夢を、愛を、信じる力をあなたへ歌っていきたい――20代最後に決意を新たにしたHYがおくる8枚目のニューアルバム『Route 29』。新作に託す思い、再び夢を語り合ったことでバンドに訪れた転機、HYのこれから、すべてを語ったロングインタヴュー

POLYSICS
ポリシックス、大爆発!! 今の研ぎ澄まされた3人にしか生み出せないニューアルバム『Weeeeeeeeee!!!』で、ポリはいよいよ「ニューウェーヴ」を越えるのか

Plastic Tree
バンド史上最高傑作誕生。デビューから15年目にドロップするニューアルバム『インク』に詰まった、Plastic Treeのいびつで美しい存在表明

ムック
「理想の場所に行ってみたら、最初の場所に戻った」――これは結成15年目に辿り着いたムックの桃源郷か。2年ぶりのアルバム『シャングリラ』をめぐるディープインタヴュー、逹瑯(Vo)とミヤ(G)のふたりに訊く

ねごと
4ヶ月集中連載・第2回! 大人の階段を登る、情熱と洗練のエレクトロ・ポップ『greatwall』誕生秘話

BIGMAMA
金井政人、必殺曲を生む。サウンド、歌詞、メッセージが三位一体で襲い掛かかってくるアンセム『Jeffrey Campbellのスケートシューズで』とは

藍坊主
ニューシングル『星霜、誘う』ではじまる藍坊主の第2章。生きることを肯定する新曲が紡ぐ、日常の中の美しさ

LAMA
新たな方法論で新たなヴィジョンを生み出したセカンドアルバム『Modanica』! より強固なグルーヴとタフさを持つバンドになるまでの道のりを4人が語る

GLORY HILL
ニューシングル『TREASURE』で貪欲にピアノサウンドを取り込み、新しい「グロヒル節」を鳴らした4人。新曲で開花したバンドのプライドとは? 全員で語る

lecca
leccaにしか鳴らせない、タフで自由な「ポップ」がここに。ニュ-アルバム『ZOOLANDER』ロングインタヴュー

【お詫びと訂正】
11月30日発売の「ROCKIN'ON JAPAN」1月号・P347に掲載しております地球三兄弟『呼びにきたよ』のレヴューにおきまして、以下の誤表記がありました。

(誤)キャリアを積んだ3人のミュージシャンにより作られた、民生&桜井のヴォーカルが沁みる直球曲

(正)キャリアを積んだ3人のミュージシャンにより作られた、民生&YO-KINGのヴォーカルが沁みる直球曲

同作品に収録されている“呼びにきたよ”のヴォーカルを担当しているのは奥田民生さんと YO-KING さんです。読者の方々および関係各位のみなさまにご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げるとともに、ここに謹んで訂正させていただきます。

ロッキング・オン・ジャパン編集部