ROCKIN'ON JAPAN 2013年7月号

ROCKIN'ON JAPAN 2013年7月号

雑誌コード:09797-07

発 売 日:2013/05/30

定 価:571円 + 税

購入する

9mm Parabellum Bullet
祝9周年、表紙巻頭!! カオスと抒情の歴史をひもとく
ONE OK ROCK
アリーナツアー福岡公演を観た! 最速ライヴレポート!!
Perfume
3人の歌があるから輝く! 新曲“Magic of Love”完成
宮藤官九郎×星野 源
似た者同士(?)の天才ふたりが語り合うお互いの本質
谷中敦×細美武士
海外ライヴ飛び入り&コラボ名曲誕生の真相とは?

ASIAN KUNG-FU GENERATION、[Champagne]、LUNA SEA、Dragon Ash、JAPAN JAM 2013、etc.



9mm Parabellum Bullet
祝・9周年、表紙巻頭特集!! アニバーサリーイヤーに放たれるのは、5枚目にしてなおど直球のニューアルバム『Dawning』。なぜ彼らはこんなにも変わらず、9㎜らしさを貫くのか? 全員インタヴューでカオスと抒情の歴史をひもとく



ONE OK ROCK
アリーナツアー序盤戦、熱狂の福岡マリンメッセ公演を観た! 熱量凝縮の最速ライヴレポートを掲載!!

ASIAN KUNG-FU GENERATION
NANO-MUGEN CIRCUIT、間もなく開幕! デビュー10周年の節目にゴッチが語る、「NANO-MUGEN」の理念と、自身初の横浜スタジアム2デイズ、そしてアジカンのこれからについて

Perfume
常に新しいことに挑戦し続けてきたPerfume。この3人の歌があるから、ダンスがあるから、王道の新曲“Magic of Love”も輝く! キュートなフォトセッションも必見!!

宮藤官九郎×星野 源
様々な共通項を持つ、似た者同士(?)の天才ふたり。単なる先輩・後輩を超えて尊敬し合う彼らが語り合う、お互いの表現の本質とは? 撮り下ろしの仲良しフォトも掲載!

[Champagne]
「世界一になる」という野望をシーンに叩きつけ、怒涛の快進撃を続ける彼ら。4thアルバム『Me No Do Karate.』完成直後、その情熱たぎる本能を、川上洋平語る!



谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)×細美武士(the HIATUS)
海外ライヴへの飛び入り&コラボ名曲“Diamond In Your Heart”誕生を機に、クロストーク敢行! 出会いからコラボ実現の真相まで――認め合い、理解し合うふたりの胸熱リスペクト対談!!

LUNA SEA
1月に行われた日本武道館6日間公演の最終日を映像化! 彼らにとってのライヴの美学とは? そして待望のニューアルバムについても! SUGIZOと真矢の同級生コンビがたっぷり語る

Dragon Ash
Dragon Ash、遂に再び走り始める!! 6人体制初のニューシングル『Here I Am』は、もう一度デビューするくらいの気持ちで作られたという、最強ロックモードの一曲。Kjが改めて語る、これからの彼ら

plenty
plenty、第2章へ――誰よりも緻密に、勇敢に「生」と向き合い生まれた、新モード全開の2ndアルバム『this』。その裏に見えた彼らの覚悟に迫る

JAPAN JAM 2013
今年も新木場で繰り広げられた、奇跡のジャム・セッション!! 新たな伝説の2日間を、エネルギーそのままに凝縮したレポート。写真、セットリストと共に一挙掲載!

THE STARBEMS
新人バンドながら、皆が待っていた1stフルアルバム『SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD』遂に完成!! THE STARBEMSが彼らだけの音楽を手に入れるまでに何が起こったのか? フロントマン・日高と、バンマス・越川がありのままを語った

The Mirraz
初のコンセプト・ミニアルバム『夏を好きになるための6つの法則』リリース! メジャーデビュー以降、シーンへの闘争心を常に提示してきたミイラズが今、このアルバムを出す意味とは? 畠山がすべてを語る

miwa
卒業、武道館、下北沢LOFT凱旋ライヴ――大きな転換点に立つmiwaの最新型が詰まったキラキラの3rdアルバム『Delight』。彼女の音楽が常に瑞々しい感性を持ち進化し続けるのはなぜ?

back number
プロデューサーを迎えて制作された新曲“高嶺の花子さん”は、アップテンポなライヴチューンながら、back number節全開! 全員インタヴューで、新たなステージに踏み出した彼らが手に入れた自信に迫る

Nothing’s Carved In Stone
常に覚醒し続けるナッシングスの更なる進化作『REVOLT』はいかにして生まれたのか? 制作過程での衝突を経て、バンドとして新たなフェーズに突入した状況を、村松と生形が語る

luki
無比の感受性で世界を歌う、破格の歌姫luki。ミニアルバム『パープル』に託された物語からひもとく、彼女が歌を作ることの本質

JAPAN CIRCUIT vol.51
DOES!andymori![Champagne]!東京カランコロン!溝渕 文!宇宙まお! シーンの未来を照らす才能が躍動! 多彩な音楽が鳴らされた希望の一日に濃厚なレポ&ライヴ写真で迫る

MIYAVI
セルフタイトルの世界デビュー盤『MIYAVI』で、ヴォーカリスト・MIYAVI、覚醒! 歌とスラップギターの二刀流で、世界に果たし状をつきつける!!

パスピエ
新世代バンド・パスピエ、初のロングインタヴュー!! 超戦略的にも見える活動を展開する彼らの生身の姿は、葛藤を抱くストレートなバンドだった。首謀者・成田ハネダとボーカル・大胡田なつきに訊いた

cinema staff
ニューアルバム『望郷』は、物語の最初の帰結点にして、新たな始まりだった。メジャーシーンで進化を刻んだcinema staffの本質とは

SCENE SPECIAL! サカナクション
「SAKANAQUARIUM2013」幕張メッセ公演1日目に潜入! 新たなサウンドシステムの導入など、会場を別次元へ連れていった当日の興奮をそのままお届け

SCENE SPECIAL! 五十嵐隆
五十嵐隆、生還。犬が吠える解散以来、表立った音楽活動をしてこなかった彼が突如行なったNHKホールでのライヴを徹底レポート!!

●ROCKIN'ON JAPAN編集部へのお問い合わせ

ROCKIN'ON JAPAN編集部へのご意見、ご感想などのお問い合わせは、下記を明記の上、rjm@rock-net.co.jpまでお寄せください。

・メールアドレス
・ご住所
・ご年齢
・ご職業

●ROCKIN'ON JAPAN原稿募集のお知らせ
あなたの力作がロッキング・オンを作るのです。
内容に制限はありません。どしどしお寄せください。
文字量は、2500~4000文字でお願いします。
採用となった場合には、原稿料(30,000円)を掲載号の翌月にお振込みいたします。
また、原稿の返却・返信は致しません。
原稿の採用はスタッフの推薦により、編集長が決定します。 あて先はrjr@rock-net.co.jpです。 下記の必要事項をご明記ください。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業

※匿名希望、ペンネームの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
<掲載可>と住所の後ろへ追記してください。
※メールアドレスも掲載可能です。

文字化け防止のため、本文を直接送付するのではなく、Wordファイルやテキストファイルにして、メールに添付してご送信ください。

●ROCKIN'ON JAPAN「噛ませ犬ミネタの社会の窓」相談者募集!
銀杏BOYZ・峯田和伸が読者のお悩みに応える長寿連載、「噛ませ犬ミネタの社会の窓」では、相談者を募集しています。下記の必要事項をご明記の上、あて先:rjr@rock-net.co.jpまでメールをお送りください。
尚、平日、都内某所に自力で来られる方に限ります。
また、採用者には、本誌特製のロックンロールTシャツをプレゼントします。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業
・相談内容

※ペンネームでの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
※不採用のご連絡はいたしません。