ROCKIN'ON JAPAN 2013年10月号

ROCKIN'ON JAPAN 2013年10月号

雑誌コード:09797-10

発 売 日:2013/08/30

定 価:571円 + 税

購入する

●ASIAN KUNG-FU GENERATION
4人が思い語るそれぞれの10年、アジカンの10年
●BUMP OF CHICKEN
ベスト盤発売記念スタジアムライヴ、徹底レポート!
●スピッツ
最新作『小さな生き物』メンバー全員で全曲解説
●Hi-STANDARD
3人で語るAIR JAM、そしてパンクロックの未来について
●UVERworld
傑作両A面シングルをTAKUYA∞が語る

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013/ストレイテナー/LUNA SEA/KANA-BOON/さよなら、また今度ね/THE BACK HORN/KREVA ほか



●ASIAN KUNG-FU GENERATION
メジャーデビュー10周年&横浜スタジアム2days! これを機に、メンバー全員にソロ・インタヴューを敢行! 4人が語る、アジカンの10年、それぞれの10年とは? 思い出の詰まった横浜の街を舞台に撮り下ろした、メモリアルな写真も必見!!

●BUMP OF CHICKEN
ベスト盤発売記念の凱旋公演を観た! 彼らがファンと共に歩んできた道程を3万5千人の観客と共に照らし出す、奇跡の一夜を凝縮した完全レポート!!

●スピッツ
ニューアルバム『小さな生き物』をメンバー全員で解き明かす、全曲解説インタヴュー! 震災から2年、新たな覚悟が詰まった瑞々しい傑作で、スピッツ、再び生まれ変わる。

●Hi-STANDARD
Hi-STANDARD、遂に3人でJAPANに帰還! 全員の口から今こそ語られる、AIR JAM開催までの怒涛の道程とは? そしてパンクロックの未来について

●UVERworld
両A面シングル『Fight For Liberty/Wizard CLUB』は、濃密なメンバー間のコミュニケーションが生み出すグルーヴに酔いしれる傑作! 進化し続けるUVERworldの現在地をTAKUYA∞、語る

●ROCK IN JAPAN FESTIAL 2013
1年で最も熱いひたちなかの3日間ハイライトを、速報ダイジェストでお届け! 写真と共にあの日、あの瞬間を振り返る徹底特集!

●ストレイテナー
ミニアルバム『Resplendent』は、4人体制のストレイテナーとしての完成形を指し示す会心の作! その制作過程と、全都道府県ツアー中の心境を、ホリエアツシが語る

●LUNA SEA
シングル『Thoughts』完成。今改めて、LUNA SEAの音楽がシーンに与えたもの、ふたりの絆について、JとINORANが語り合うロングインタヴュー!

●KANA-BOON
新世代バンドの旗手・KANA-BOON、いよいよメジャーデビュー!!  ボーカル・谷口鮪の世界観全開の濃厚シングル曲『盛者必衰の理、お断り』でその存在感を叩きつける!

●さよなら、また今度ね
カオスでシュールな世界の根底にポップさが息づく「さよ今」、ひとつ洗練された段階へ突入した1stフルアルバム『P.S.メモリーカード』をドロップ! その作品世界をひもとく全員インタヴュー

●THE BACK HORN
最新シングル『バトルイマ』リリース! 15周年を経て彼らが再発見した音楽の力、そしてメンバー4人の固い絆とは? 山田将司が語る、バックホーンの現在地

●KREVA
ソロ10年目、トップランナーとして走り続けたKREVAが見出した自由と決意。ラップ全開の新曲『BESHI』で彼が見せる、新たな一歩とは

●knotlamp
衝撃の、無期限活動休止宣言から1ヶ月――ボーカル・KEITが包み隠さずすべてを語る独占インタヴュー。なぜ彼らは一度その歴史に幕を下ろすことを決めたのか?

●河村隆一
LUNA SEAとしてでなく、ソロ・アーティスト、河村隆一として届けたい音楽。ニューアルバム『Life』で彼が提示した生命とロックの在り方とは?

●阿部真央
5thアルバム『貴方を好きな私』完成! 前作を通し自信を得て、ひとりの女性としての多面的な視点に自覚的になった最強モードの阿部真央が描く作品世界に迫る!

●BIGMAMA
シングル『alongside』は、ひとつの円熟期を迎えたBIGMAMAが次への布石として生み出した作品。金井と柿沼がふたりで語る、バンドの今と、彼らが見据える揺るぎない未来

●miwa
貪欲に進化を求め、挑戦し続けるmiwaの最新型=『Faraway/Kiss you』。更に前進する彼女の音楽スタイルに込められた思いに迫るロングインタヴュー!

●WHITE ASH
アニメタイアップのニューシングル『Crowds』をリリース! WHITE ASHというバンドを、メンバーを信じて、彼らがたどり着いた場所とは。のび太がありのままに語る

●SAKANAMON
破竹の勢いで人気上昇中のSAKANAMON、JAPAN初ロングインタヴュー! 社会に馴染めない自分を肯定し高らかに歌い上げる彼らのポジティヴさは、どこから生まれてくるのか?

●コンテンポラリーな生活
初の全国流通盤『ぼくらのキラーチューン』をリリースするコンポラ。日々のネガティヴな感情を正面から受け止めながら、反骨精神をもってポップに昇華する彼らの音楽について、メンバー3人で語る

●Plastic Tree
1年ぶりのニューシングル『瞳孔』。アルバム『インク』を経て、次の世界へ足を踏み入れたプラは今、何を夢見るのか? その先について、有村に訊いた

●Northern19
結成10周年の今、Northern19から放たれるミニアルバム『FOR EVERYONE』。メロディックパンクのその先、もっと深い部分へと進んでいく彼らの今に迫る

●アルカラ
テーマはおとぎ話!? ニューアルバム『むにむにの樹』完成インタヴュー! 前作から一転、リスナーを堂々と煙に巻く今作について、そしてアルカラはどこへ向かうのか? メンバー4人がすべてを語った

●中田裕二
ソロになって3枚目のアルバム『アンビヴァレンスの功罪』は、収穫期と言うべき、次のフェーズを示す傑作! 唯一無二のスタイルを遂に確立した今作について訊いた

●the chef cooks me
大人数編成でのニューアルバム『回転体』リリース! 自らの中にある矛盾や諦観を黄金のポップミュージックに昇華させ、鳴らす今のシェフの姿について、下村亮介大いに語る


●ROCKIN'ON JAPAN編集部へのお問い合わせ

ROCKIN'ON JAPAN編集部へのご意見、ご感想などのお問い合わせは、下記を明記の上、rjm@rock-net.co.jpまでお寄せください。

・メールアドレス
・ご住所
・ご年齢
・ご職業

●ROCKIN'ON JAPAN原稿募集のお知らせ
あなたの力作がロッキング・オンを作るのです。
内容に制限はありません。どしどしお寄せください。
文字量は、2500~4000文字でお願いします。
採用となった場合には、原稿料(30,000円)を掲載号の翌月にお振込みいたします。
また、原稿の返却・返信は致しません。
原稿の採用はスタッフの推薦により、編集長が決定します。 あて先はrjr@rock-net.co.jpです。 下記の必要事項をご明記ください。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業

※匿名希望、ペンネームの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
<掲載可>と住所の後ろへ追記してください。
※メールアドレスも掲載可能です。

文字化け防止のため、本文を直接送付するのではなく、Wordファイルやテキストファイルにして、メールに添付してご送信ください。

●ROCKIN'ON JAPAN「噛ませ犬ミネタの社会の窓」相談者募集!
銀杏BOYZ・峯田和伸が読者のお悩みに応える長寿連載、「噛ませ犬ミネタの社会の窓」では、相談者を募集しています。下記の必要事項をご明記の上、あて先:rjr@rock-net.co.jpまでメールをお送りください。
尚、平日、都内某所に自力で来られる方に限ります。
また、採用者には、本誌特製のロックンロールTシャツをプレゼントします。

・お名前
・メールアドレス
・ご住所
・電話番号
・ご年齢
・ご職業
・相談内容

※ペンネームでの掲載をご希望の方は、お名前と併せて明記してください。
※不採用のご連絡はいたしません。